ニュースレター

トップ >> ニュースレター >> 2009年01月
2009.01.01

お客様各位

   謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年も皆様のご支援を頂き、厚くお礼申し上げます。無事新年を迎えることが出来ましたことは、ひとえに皆様のお蔭です。

   2007年~2008年の私のモットーは「改革」で、スムーズにハワイアンジョイ社を若い社長に引き継ぐことでした。皆様のご支援を頂き、新社長の深山博史は期待通りに会社を若いイメージにしました。今年のモットーは私と廻りの人達に幸福なことが沢山起きることを願って「嬉しい・楽しい」です。

   不動産業界は2008年度の一戸建て住宅の最高購入価格(日本人)はハワイ島のコナ地区の20ミリオンドルでした。故ヘンリーカイザー氏の豪邸(敷地:6,708坪)は80ミリオンドルで市場に出ています。1988年に日本人投資家が42.5ミリオンドルで取得した物件で、当時邸宅としては米国で最高値をつけました。

   サブプライム問題で米本土をはじめ世界的に厳しい状況が続いています。米本土からの買手減少で売買件数が20%ダウンになりましたが30年固定住宅ローンは37年ぶり(1971年)に4.5%前後になりました。ローカルの人達が低い住宅金利を利用して投資物件でなく自宅を買い始めました。ハワイの銀行はサブプライム問題がないのでローカルの人達のローンの組み換えのリファイナンスに追われています。リファイナンスをすることで銀行はポイント(手数料)が入ります。不動産の手数料はコミッションと呼び、銀行の手数料はポイントと呼びます。時期的に新築物件の売りより改装物件が市場に出回っています。今年が底値ですから来年(2010年)より徐々に市場は回復すると予想されています。

   日本からの投資は、円高でしかも底値で物件が取得出来るので最高のチャンスです。2015年前後が次のブームとエコノミストは予測していますが、私はそれより早く回復すると確信しています。ハワイの銀行で日本人も融資を受けることが出来ます。底値で取得し暫く賃貸してブームが来たら売却すると良い投資が出来ます。

   12月13日~20日にハワイ諸島のクルーズ(プライド・オブ・アメリカ)を楽しみました。ハワイ在40年で初めての経験です。各島の特徴が比較出来ました。ヒロ湾からのマウナロア頂上の雪景色がフレッシュでしたしカウアイ島のナパリ海岸の景色は絶景でした。

   嬉しいニュースは36回ホノルルマラソンの女子優勝者が嶋原清子さんで日本人として初めて優勝しました。2位は35回大会4位だった吉田かおりさんでした。男子の1位~5位はオバマ大統領の祖国のケニア人でした。ホノルルマラソン男子の優勝者はいつもケニア人で占められています。

   鯨シーズンになりました。ハワイ全島で5月頃まで見られる8,000頭~10,000頭の鯨ウォッチングとハワイ諸島クルーズを楽しみませんか。皆様のお越しをお待ちしております

   

深山 誠二
 
2018
      9 8 7 6 5 4 3 2 1
2017
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2016
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2015
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3    
2014
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1